本文へスキップ

岡谷エコ・アソート株式会社は、金属のリサイクルを通じて、社会に貢献してゆく会社です。

TEL. 0144-56-1800

〒059-1372 北海道苫小牧市字勇払265番地の27

会社概要・方針・保有設備等COMPANY




社名
岡谷エコ・アソート株式会社
代表者
代表取締役 倉谷 賢司
本社所在地
〒059-1372
北海道苫小牧市字勇払265番地の27
→アクセス
TEL. 0144-56-1800
FAX. 0144-56-1264
ELVリサイクル事業部
〒059-1372
北海道苫小牧市字勇払265番地の27
TEL 0144-52-2777
FAX 0144-52-2778
千歳事業所
〒066-0051
北海道千歳市泉沢1007-73
TEL.0123-29-6045
FAX 0123-29-6046
札幌事業所
〒003-0869
北海道札幌市白石区川下589-177
敷地面積:5,616u
TEL 011-879-1340
FAX 011-879-1360
資本金
9,800万円
設立
1972年11月
従業員数
48名(2019年8月現在)
取引銀行
北洋銀行、北海道銀行、苫小牧信用金庫
加盟団体
■社団法人 日本鉄リサイクル工業会/北海道支部 幹事
■社団法人 北海道産業資源循環協会
■北海道自動車処理協同組合
■ブロードリーフRC7
■JU室蘭
取引先(敬称略)
■岡谷鋼機株式会社
■清水鋼鐵株式会社
■いすゞエンジン製造北海道株式会社
■トヨタ自動車北海道株式会社
■王子製紙株式会社
■株式会社公清企業
■王子工営北海道株式会社
■株式会社ダイキマテリアル
■株式会社北海道ダイキアルミ
■JX金属商事株式会社
■マテリアルエコリファイン株式会社



会社方針

当社は、1669年(寛文9)創業の伝統ある商社岡谷鋼機株式会社(本社名古屋市 名証一部上場)が1972年、
苫小牧西部工業団地に製鋼原料製造を目的に設立した金属資源のリサイクル会社です。
翌年の創業以来、ギロチン、シュレッダー、プレスなどを順次導入、一貫して金属スクラップの加工販売に従事し、良質の原料を供給してまいりました。。
2004年には廃車のリサイクルに進出、解体からシュレッダーまでの一貫処理工程を完成させました。
私どもは今後も自然との調和を大切にしながら、鉄鉱石や化石燃料が極めて少ない日本において貴重な資源である金属のリサイクルを通じて、社会に貢献してゆく所存です。


岡谷鋼機株式会社・岡谷グループ

当社は、岡谷鋼機株式会社のグループ会社です。


会社沿革

1972年11月
株式会社 北海道オートスクラップセンター設立
1973年05月
苫小牧事業所操業開始
1975年07月
産業廃棄物収集運搬及び処理業許可取得
1979年10月
800tギロチンシャー導入
1985年12月
株式会社 岡谷スクラップセンターに商号変更
1991年05月
750馬力シュレッダープラント導入
1995年07月
1000tマウントシャーリプレース
1998年12月
ラバンティシャー導入
2000年08月      
札幌事業所開設
2002年12月
3方締100馬力プレス機導入
2003年02月
乾式シュレッダープラント導入
2003年06月
ISO14001認証取得
2004年05月
ELVリサイクル工場操業開始
2004年08月
岡谷エコ・アソート株式会社に商号変更
2005年09月
放射能検出システム設置
2009年12月
非鉄選別機導入
2010年02月
油物専用解体建屋完成
2020年09月
千歳事業所開設
2021年02月
400馬力プレシュレッダー リプレース

保有設備

1,000tマウントシャー
1基
750馬力シュレッダープラント
1基
プレシュレッダー400馬力
1基
タワーローダー
1基
50t計量器
2基
40t計量器
1基
ラバンティシャー
3基
油圧ショベル
7基
タイヤ式油圧ショベル
3基
ショベルローダー
3基
フロン回収機
2基
小型プレス機
2基
大型プレス機
1基
自動車解体機
1基
自家発電システム
1基
液抜ステージ
2基
放射能検出システム
1基

抜き取ったガソリンの再利用/自家発電システム

保有車両

11tソフトプレス車
2台
11tヒアブ車
1台
8tヒアブ車
1台
4tヒアブ車
1台
トレーラー
2台
11t車
1台
ダンプ
3台
搬送車
3台
タイヤショベル
2台
リフト
4台


このページの先頭へ

バナースペース

岡谷エコ・アソート株式会社

〒059-1372
北海道苫小牧市字勇払265番地の27

TEL 0144-56-1800
FAX 0144-56-1264